いまや生活に欠かせない!?LINEスタンプを作ってみたい!

やっぱり何かと便利なLINE

家族や友達との連絡はLINEばかりという人が増えてきています。使い方も簡単なので、両親や祖父母に使い方を教えてメールでなくLINEでやりとりをする人も。実際に、メッセージを見てくれているかどうかが既読マークで分かり、自分の送ったメッセージと送られたメッセージが同時で確認できるのはとても便利ですね。何より、スタンプを送れるのがLINEの嬉しい機能です。かわいいイラストで気持ちを伝えられるので、急いでるときにもちょうどいいですね。

どうせなら自分でLINEスタンプを作ってみたい!

便利に、かわいく、会話を彩ってくれるLINEスタンプですが、自分で制作することもできます。もちろん、作ったからといってすぐにスタンプとして使用できるわけではありません。LINEの審査が必要となります。審査に合格すると、クリエイタースタンプとして販売が開始されます。販売価格は100円となり、その50%が制作者に配分されます。たくさん売れれば、それなりの収入になるのが嬉しいですね。もしかしたら、人気スタンプになっちゃうかもしれません。

何をどうやって作ったらいいの?

作成する必要があるのは、実際に販売するスタンプが40種類。トーク画面で使えるスタンプのことです。そのスタンプのメイン画像とトーク画面の下の方に表示されるトークルームタブ画像も必要となります。その他、クリエイターとしての名前やスタンプタイトル、スタンプの説明文などのテキストデータが必要になります。40種類のイラストを考えるのはちょっと大変ですが、これができなければどうしようもありません。案を考えながら、まずはLINEにクリエイター登録してみましょう!

可愛いLINEスタンプは、その人の気持ちや伝えたいことをスタンプだけで伝えれるので、とても便利な機能です。