風評被害が発生する理由と危険性、風評被害への立ち向かい方

風評被害とはどんなものなのか

「風評被害」という言葉をよく耳にしますが、どのような状況を言うのかきちんと理解できていない人が多くいます。風評被害とは根拠のない噂によって受ける被害のことをいいます。風評被害は口コミと似た構造を持っています。風評被害において、経済的な損失があるかどうかは重要ではありません。災害の起きた時だけに使う言葉ではないことがわかります。実際に、何も害はなくても風評被害が原因で廃業を余儀なくされてしまう事業者も数多く存在します。

風評被害が増加した背景にあるもの

ある調査によれば、風評被害の件数は10年間で5倍に増加しました。その背景にあるのはインターネットやSNSの普及があります。インターネット上では匿名であるのをいいことに無責任な発言をしたり、デマを流したりする人もいます。また、以前は新聞やテレビのみで知られていた情報が現在ではインターネット上にあるだけでなく、それが拡散されてしまいます。正しいものであっても人伝えの情報は伝言ゲームのように不正確なものとなり、間違って伝わることで風評被害へと変化していきます。

風評被害で困らないためにできること

風評被害を起こさないためには、誤解を生みそうな情報は発信しないことが大切です。風評被害に遭ってしまったときの対策は情報を一つ一つ自分の手で消していくことが確実です。しかし、それには莫大な労力を必要とします。そのため作業を代行してくれる業者が存在します。実際に依頼する前に信頼のおける会社かどうか問い合わせて確認したり、口コミを参考にすると業者選びの段階において失敗を避けることができます。また、自分自身で正しい情報を流し続ける方法もあります。

風評被害対策は個人では限界があり深刻な被害であるほど専門業者に依頼する必要が出てきます。ネットのツールも多様化しており風評被害の解決法も多種多様になってきています。