目立つ人が考えたい!誹謗中傷対策に何をすべきか

企業人でも注意が必要

人間は社会的に成功するほど多くの人達の嫉妬を集めます。キャリアアップするほど自分の足を引っ張りたいと考える人達も増えるものなのです。有名人ではない企業人でも根拠のない誹謗中傷にさらされる事がありますので注意しましょう。企業人が誹謗中傷を避けたい場合、できるだけSNSには手を伸ばさない事が大切です。ちょっとした発言から揚げ足をとられてしまいますので危険が大きいのです。また、例え身内だけでSNSを楽しんでいたとしても自分に敵意を持っている知り合いが情報を流出する事があります。

インターネット上の誹謗中傷に対応する

例え自分が個人的にSNSをしていなかったとしても、企業に勤めている人達が会社の話題を交わす掲示板を立ち上げている場合があります。このような場所に根拠のない誹謗中傷を書き込まれた場合、職場で働き辛くなるだけでなく、仕事上不利益を被る事もあるのです。人の噂も75日と言う言葉がありますが、誹謗中傷は自分の知らないところに残るものですから、必ず対応する事が大切です。まずは上司に報告して誹謗中傷それ事態を「嘘」だと明確化するようにしましょう。それが中傷の拡大を防ぎます。

法的に動く準備をする

インターネット上で誹謗中傷がやまない場合、法的に動くようにしましょう。例え誹謗中傷の内容が真実だとしても、名誉毀損に該当する場合相手を罰する事ができます。すぐさま弁護士に相談するのも良いですが、インターネットの誹謗中傷に対応してくれる公的機関に連絡するのも良いでしょう。事態の深刻さを鑑みて動くようにしましょう。もし誹謗中傷の内容が大したものではなかったとしても、悪化を防ぐ場合早期に動く事が大切です。誹謗中傷対策がしたい場合、相手に制裁を与える覚悟がある事を示すのが大切なのです。

根拠の無い噂や誹謗中傷する書き込みを見つけた場合は、管理人に連絡して特定の書き込みを消してもらうのが2ちゃんねる削除です。