重要!プライバシーを守るために会社で実践するべき事

パソコンは必ずパスワードでロックをかける

近年情報漏えいに対して会社も敏感になっています。もしかしたらあなたの安易な行動の一つで、重要な情報が社外に漏れてしまう事もあるんです。そうならない為にも、自分の身をしっかりと守るために、プライバシーを守る努力をしましょう。その為に最低限必要になってくるのが、自分が使っているパソコンはきちんとロックを掛けるという事です。また、定期的にパスワードは変えて、簡単に相手に知られないようにしましょう。席を立つ際には、必ず自分でロックを掛けるように心がけて下さいね。

電話メモや付箋に大切な情報を書かない

デスクに何かメモをしておかないと、仕事が出来ない人っていますよね。ですが、せっかくパソコンをロックしても、電話メモや付箋にお客様の大切な情報を解りやすく書いてしまっては、何処で情報が漏れてしまうか解りません。ですので、電話メモや付箋を使用する際には、大切な情報は書かないようにしましょう。また、使った電話メモや付箋を捨てる際には、普通のゴミ箱ではなく、シュレッダーにかけるなどをして、外部に情報が漏れないように配慮をしましょう。

勉強会に参加すれば意識も向上する

情報漏えいをする事で、会社にどういった被害があるのかというのを、定期的に勉強会として社員に教えている会社もあります。そういった勉強会に参加する事で、今までは何の気なしに仕事をしていた社員も、一人一人情報漏えいに関する考え方や意識が変わってくるんです。ですので、もしもそういった勉強会の話が社内でありましたら、積極的に参加をする事をおすすめ致します。また、上司の人も出来る限り社員に参加させるようにして、みんなで意識を向上させるようにしましょう。

シュレッダーは、個人情報が記載されている不要な書類などを裁断します。紙だけでなくCDやカードなどにも対応しています。